フィンペシア【効果のある育毛剤】

MENU

フィンペシアに期待しすぎてはいけない!

ストレスの反応が人それぞれ違いますが、頭髪に現れて来る人の場合は、抜け毛がひどくなったり出勤前の整髪時に髪の毛の質に変化が認められたら、ストレスを解消する手段を見つける事と同時に、手遅れにならない内に自分の髪の毛の対策を講じておく事が必要になります。
育毛シャンプーを使い良く濯ぎ、ドライヤーを使い適度に乾かせば、育毛は完璧であると考えるかも知れません。
しかし大半の人は思うような効果を得られないでしょう。
何故なら育毛シャンプーというのは、地肌の土台の環境を整える事が出来るだけであるからです。
それではどうしたら良いのかと言えば、一つには厚生労働省墨付きの日本国内で販売されているプロペシアという男性型脱毛症の治療薬があります。

 

また専門の男性型脱毛症治療の病院やクリニックもありますので、利用してみる方法もあります。
勿論、プロペシアを処方してくれるでしょう。
ここまで書くとこれで何の問題もなさそうですが、幾つかの問題があります。
一つ目の問題としては、国民健康保険や厚生年金保険等の保険適用外ですので、医師による診察・診断は勿論の事、処方されるプロペシアについても、それは同様ですから経済的な負担は決して小さくありません。

 

二つ目の問題は、日本には高額医療控除という制度がありますが、自らの容姿を変える等の費用に該当するとして適用されないのが現状です。

 

しかし、これらの問題を解消する手段はまだ残されています。
それは、海外で発売されているフィンペシアというプロペシアのジェネリック医薬品を安価に購入し、自分で治療する事も可能です。
購入方法はくすりエクスプレスという個人輸入代行業者を利用すれば、インターネット通販で買い物をする様な気軽さで、クレジットカードにて購入する事が可能です。
先に、薬剤に通じている人であればプロペシアのジェネリック医薬品は、未だプロペシアに含まれる有効成分の特許期限は2019年なのだから作れない筈ではと考えるかもしれません。

 

しかしフィンペシアを製造・販売しているのはインドの製薬会社であり、インドは医薬品の特許協力条約という世界知的所有機関に加盟していませんので、特許が切れる2019年を待たずして製造・発売出来るのです。

 

さて、フィンペシアがプロペシアのジェネリックであるという事は、プロペシアとほぼ同じ効果が期待できる訳ですが、くすりエクスプレスで個人輸入代行経由で購入した場合どれくらいの金額差があるのか調べてみました。
国内で男性型脱毛症治療を受け、プロペシアの医薬品代は月に1万円から3万円程度と医療機関によって差がある様です。
くすりエクスプレスで販売しているフィンペシアの1mgで100錠入りタイプは8778円ですから、1月当たりの金額を計算してみるとプロペシアが1万円であるのに対して、フィンペシアの場合には月におよそ92円で済んでしまう事になります。

 

差額は月単位で9900円以上もあるのですから、どちらを選んだら良いのかは説明するまでもないでしょう。